2011年03月30日

春のちょうちょ3月なのに茶色のキベリタテハか?

春になったものの、ちょうちょが飛ぶのはまだ早い季節。
北海道で3月にちょうちょを見たことがありません。
でも、温かい日が続いたせいなのか?

茶色のちょうちょが地面で羽を開いたり、閉じたりしているではありませんか?
このちょうちょは、温かくなって、春だと思ってでてきたのでしょうか?
それにして、早すぎる。

この春の最初に見かけるちょうちょとは、どんなちょうちょだろう?
調べてみると、キベリタテハちょう(英語ではモーニングクローク)とも呼ばれる。
秋に、成虫になり、寒い冬を冬眠するようです。


物置や、木陰で冬を過ごし、春一番で姿を現すんでしょうね。
チョウチョと言えば、モンシロチョウ、もんきちょうなどが有名ですね。
アゲハ蝶は、レアと思っています。

特に、カラスアゲハなどを見ると感動します。
これから、ちょうちょが飛ぶ季節になってきます。
一足早く、茶色のちょうちょを見る事ができて、今年は良いことがありそうです。
posted by けんちゃん at 20:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

東日本大震災復興チャリティーサッカーキングカズも・・・

東日本大震災復興サッカーチャリティー試合みましたか?
あのキングカズも見せてくれまました。

後半戦から出場して見事にシュート!

ゴールでカズダンスを見る事ができましたね。
もうこれだけで大満足です。
前半戦の日本代表の攻撃も見事でした。

東日本大震災チャリティー試合と言うことで、
被災地の方に勇気と希望をお届けできたのではないかと思っています。

まさに、頑張れ日本に適した試合を見る事が出来たのと思っています。
キングカズも44歳ですね。
やはり、何かを持っています。

復興復旧には、かなり時間がかかると思います。
このサッカーチャリティー試合で勇気と元気をキャッチできたと確信しています。
被災地の方がテレビ中継を見れたか心配です。
posted by けんちゃん at 21:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

北海道、阿寒湖のまりもの飼い方。

北海道のおみやげとしてもすっかり人気の阿寒湖のまりもです。
自分で買ったことは、ないけど知人にお土産でいただきました。
もらったらまずすることは?

まりもの飼い方を調べる。
まりもは、植物であることを認識する。
まりもの育て方を色々調べますよね。

私も、今回まりもを飼育するにあたり、確認しました。
まずは、わが家の、まりもの画像です。
阿寒湖まりも画像


【まりもの飼い方】

@専用の容器を用意する。
できれば、まりもの大きさによって選んでみると良いですね。
1個の場合は、そんなに大きな容器でなくても良いみたいです。

Aまりもは、綺麗な水を好む。
適度な水の交換が必要です。2〜3週間に1回の交換が良いでしょうね。
特に夏場は、こまめに水交換しておきたいです。
冬場は、1カ月に1回でも良いみたいですね。

Bまりもの洗い方。
まりもを手のひらにのせて、直接水をあてずに、優しく洗う。
洗剤は、つけない。

C水は、水道水でOK。
特に、カルキを抜く必要はありません。

Dまりもは、餌を食べますか?
まりもの餌が売っていますが、特に必要は、ないようですね。
水の交換と、適度な日光があれば、良いみたいです。
決して、直射日光を長い間当てないようにすること。

まりもの飼い方は、意外と簡単です。
でもほったらかしは、禁物ですね。
飼ったからには、きちんと育てたいですね。

まりも通販ってのもあります。
1個では物足りず、数個欲しくなってきました。
まりもってかわいい〜
posted by けんちゃん at 20:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする